サンディエゴゼストFCが2018年のPDLシーズンで使用する新たなロゴを発表!

 2017年11月にロサンゼルス・ギャラクシー・サンディエゴとの提携を締結させたサンディエゴゼストFCが、2018年のUSL PDLシーズンで使用する新たなロゴを発表した。公表された新たなロゴは、本家ロサンゼルス・ギャラクシーのオフィシャルとして使用されるロゴに、SD Zestの文字を刻んだもの。ロサンゼルス・ギャラクシーとサンディエゴゼストFCの提携が全面に表現されたデザインとなっている。

 

 23年の歴史を誇る米国4部USL PDLの加盟クラブにおいて、ロサンゼルス・ギャラクシーのロゴを掲げたクラブは未だかつて存在しない。言うなれば、メジャーリーグサッカーで最もクラブ価値の高いロサンゼルス・ギャラクシー(クラブ価値は2017年時点で315億円)が初めてロゴ使用許可を下したのが、PDLに唯一存在する日系クラブのサンディエゴゼストFCということである。

 

 新たなロゴを発表したゼストFCだが、彼らが今シーズン身に纏うユニフォームも、ギャラクシー色の強いものになるという。こちらの新たなユニフォームのデザインは、近日公開されるとのこと。新たなロゴと共に2018年をスタートさせた新生ゼストFC。彼らの今シーズンの戦いぶりに注目が集まる。