MLSクラブも参加!ゼストFCによるプロサッカー合同セレクションが6月にサンディエゴにて開催決定!

 米国4部USL PDLに所属するサンディエゴゼストFC(以下ゼスト)は、来る6月、1部メジャーリーグサッカー(MLS)や2部ユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するクラブを招聘したプロサッカー合同セレクションを開催するとの発表を行った。会場には、各クラブからコーチやスカウトが出席し、参加者の能力を直接見極める。セレクションの会場となるのは、サンディエゴ郡カールスバッド市に位置し、ゼストが練習場として使用するポインセチア・パーク。サンディエゴ郡におけるプロサッカー合同セレクションの開催は、今回が史上初となる。

 

 セレクションの参加クラブには錚々たる顔ぶれが並んだ。注目すべきは、メジャーリーグサッカーの二大双璧ともいえる、ロサンゼルス・ギャラクシー(以下ギャラクシー)とシアトル・サウンダーズFC(以下サウンダーズ)だ。ギャラクシーは、1995年のMLS創設時からリーグに加盟している数少ないクラブの一つだ。過去には、元イングランド代表のデビット・ベッカム氏を獲得し、一躍その名を世界に轟かせた。近年までは、アメリカサッカーを長年に渡り牽引したランドン・ドノバン氏も在籍しており、国内のサッカーファンからは根強い支持を受けている。

 

 一方のサウンダーズは、2007年に創設したクラブであり、まだクラブとしての歴史は浅い。とはいえ、クラブの共同オーナーには、あのビルゲイツと共にマイクロソフトを起ち上げたアレン・ポール氏が就任しており、その潤沢な資金は他クラブが羨むほどだ。その財力もあり、サンダーズのホーム試合における1試合あたりの平均観客動員数は、2012年から安定して40,000人を優に超えている。2007年に30億円のフランチャイズ費と引き換えにMLSへの加盟権を得たサンダーズだが、アメリカの経済誌フォーブスが毎年発表するMLS所属チームのクラブ価値によると、2017年時点でのサンダーズのクラブ価値は295億円にまで高騰している。10年も経たぬ間にクラブ価値を約10倍にまで引き上げたサンダーズは、MLSで最も成長著しいクラブである。

 

 これらの二大双璧に加え、ユナイテッドサッカーリーグに所属するペンFCとノースカロライナFCも参加を表明する他、アルゼンチン1部に所属し、ディエゴ・マラドーナやファン・ロマン・リケルメの出身クラブとしても知られる、AAアルヘンティノス・ジュニアーズの参加も予定されている。アメリカ国内のみでなく、南米1部への可能性も秘めたセレクションとなる。

 

 昨年の12月には、福岡県にてプロサッカー合同セレクションを実施したゼスト。その際、参加者40名のうち、2名の選手を現地での最終選考の場に導いた。福岡での成功が、今回のサンディエゴでのセレクション実施に結び付いたのは言うまでもない。

米国プロサッカー合同セレクション アメリカサッカー
チャールストンバッテリーの最終選考に挑んだJee Wong Kim選手
米国プロサッカー合同セレクション アメリカサッカー
ノースカロライナFCの最終選考に挑んだ武生瞬選手

世界プロサッカー合同セレクション in サンディエゴ2018

【日 程】2018年6月16日(土)、17日(日)

【会 場】ポインセチアパーク

【時 間】土曜日:10時-17時、日曜日:8時30分-12時30分

【参加費】

  • 195ドル(参加のみ)
  • 1600ドル(1週間の滞在、送迎、ゼストFCでの練習参加付き)

【年 齢】17歳以上

【参加クラブ】

  1. ロサンゼルス・ギャラクシー(米1部/米2部)
  2. シアトル・サウンダーズFC(米1部/米2部)
  3. ペンFC(米2部)
  4. ノースカロライナFC(米2部)
  5. レノファ山口(日2部)
  6. MSVデュースブルク(ドイツ2部)
  7. インターナショナルアリーズFC(ガーナ1部)
  8. モンテゴ・ベイ・ユナイテッドFC(ジャマイカ1部)
  9. デンマーク2部
  10. ギリシャ2部

 世界で通用する人材の育成を手掛けるゼストの新たな挑戦がまた幕を開けた。

お申込みフォーム

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です